検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present status of advanced photon science research program related to X-, and $$gamma$$-ray emission source development

高エネルギー光子発生から見た光量子科学計画の現状

有澤 孝; 的場 徹; 山川 考一; 丸山 庸一郎; 貴家 恒男; 若井田 育夫; 中島 一久*; 佐々木 明; 峰原 英介; 大島 真澄

Arisawa, Takashi; Matoba, Toru; Yamakawa, Koichi; Maruyama, Yoichiro; Sasuga, Tsuneo; Wakaida, Ikuo; Nakajima, Kazuhisa*; Sasaki, Akira; Minehara, Eisuke; Oshima, Masumi

光量子科学では、超高ピーク出力レーザーでX線レーザー及びX線光源を駆動し、さらにそれによって$$gamma$$線を駆動するというような手順で研究開発を進めている。今までに得られた超高ピーク出力レーザーについて紹介しながら、X線や$$gamma$$線の放出方法について説明を行う。特に、核異性体を用いた$$gamma$$線核分光及び$$gamma$$線放出研究について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.