検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Neutron scattering study of the antiferromagnetic ordering in UPt$$_{3}$$ at mK-temperatures

mKの温度でのUPt$$_{3}$$の反強磁性の中性子散乱による研究

小池 良浩*; 目時 直人  ; 木村 憲彰*; 山本 悦嗣 ; 芳賀 芳範 ; 大貫 惇睦*; 前沢 邦彦*

Koike, Yoshihiro*; Metoki, Naoto; Kimura, Noriaki*; Yamamoto, Etsuji; Haga, Yoshinori; Onuki, Yoshichika*; not registered

重い電子系超伝導体UPt$$_{3}$$は5Kで、数百$AA$程度のスピン相関を持つ反強磁性に転移することが中性子散乱等によって示されているが、NMRや比熱等の実験ではその温度で異常は観察されず、ダイナミカルに揺らいでいる秩序状態ではないかと考えられていた。また超低温における比熱、熱膨張率の実験では20mK近傍で異常が観察され磁気転移の可能性が示唆されていた。そこで、UPt$$_{3}$$の反強磁性秩序について超低温での中性子散乱実験を行った。(0.501)反強磁性ピークの温度変化をmKの領域まで観察したところ、高温では5Kから300$AA$程度のスピン相関を持つ反強磁性状態ピークが観察され、さらに50mK以下で磁気ピークがシャープになり20mKで、resolution limitの反強磁性ピークが観察された。このことは20mKでスピンの反強磁性相関がlong rangeになっていることを示している。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:23.36

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.