検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design and analysis of plasma position and shape control in superconducting tokamak JT-60SC

超伝導トカマク装置JT-60SCにおけるプラズマ断面位置・形状制御の設計と解析

松川 誠; 石田 真一; 逆井 章; 浦田 一宏*; 仙田 郁夫*; 栗田 源一; 玉井 広史; 櫻井 真治; 三浦 友史; 正木 圭; 島田 勝弘; 寺門 恒久

Matsukawa, Makoto; Ishida, Shinichi; Sakasai, Akira; Urata, Kazuhiro*; Senda, Ikuo*; Kurita, Genichi; Tamai, Hiroshi; Sakurai, Shinji; Miura, Yushi; Masaki, Kei; Shimada, Katsuhiro; Terakado, Tsunehisa

本論文は、完全超伝導コイル化したJT-60装置(JT-60SC)における、プラズマ断面位置形状制御について述べるものである。基本的には、トロイダル磁場コイルの周辺に設置した超伝導ポロイダル磁場コイル(EFコイル)に低速なプラズマ断面形状位置制御を、また真空容器内に設置した常伝導コイルに高速な垂直・水平位置の制御を分担させるハイブリッド制御である。EFコイルの制御電圧は、いずれのコイルでも周回電圧で数V以下と非常に小さく、容器内コイルでさえ高々数10Vである。しかしながら、これにより十分な制御応答性の確保と電源容量の最小化が実現できることが、線形化グラッドシャフラノフ方程式を用いた数値シミュレーションにより示された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:78.8

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.