検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High-resolution Auger spectroscopy of Na-like argon and sulfur ions singly excited in high-energy collisions with light target atoms

高エネルギー衝突で励起されたNa様アルゴンとイオウイオンの高分解能オージェ分光

I.Kadar*; H.Altevogt*; R.Koehrbrueck*; V.Montemayor*; A.Mattis*; G.Schiwietz*; B.Skogvall*; K.Sommer*; N.Stolterfoht*; 川面 澄*; 左高 正雄; 中井 洋太*; 楢本 洋; 金井 保之*; 神原 正*; 粟屋 容子*; 小牧 研一郎*; 山崎 泰規*

I.Kadar*; H.Altevogt*; R.Koehrbrueck*; V.Montemayor*; A.Mattis*; G.Schiwietz*; B.Skogvall*; K.Sommer*; N.Stolterfoht*; Kawatsura, Kiyoshi*; Sataka, Masao; not registered; Naramoto, Hiroshi; Kanai, Yasuyuki*; Kambara, Tadashi*; not registered; Komaki, Kenichiro*; not registered

ナトリウム様のアルゴンイオンとイオウイオンの-電子励起状態が0゜電子分光法を用いて調べられた。オージェ電子スペクトルはモノポール、ダイポール、ダイポール励起により2S,2P電子が励起されたことに起因していると同定された。衝突強度を平面波ボルン近似で求め、スペクトルと比較した結果、モノポール励起によるピークは計算値よりかなり大きいことがわかり、配置間相互作用に大きく影響されることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:39.1

分野:Optics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.