検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Charged particle multiplicities in heavy-ion-induced fission

重イオン核分裂からの荷電粒子多重度

池添 博; 鹿園 直基; 永目 諭一郎; 杉山 康治; 冨田 芳明; 井出野 一実; 西中 一郎*; B.J.Qi*; H.J.Kim*; 岩本 昭; 大槻 勤*

Ikezoe, Hiroshi; Shikazono, Naomoto; Nagame, Yuichiro; Sugiyama, Yasuharu; Tomita, Yoshiaki; Ideno, K.; not registered; B.J.Qi*; H.J.Kim*; Iwamoto, Akira; Otsuki, Tsutomu*

Pre-scissionとPost-scission陽子・$$alpha$$粒子多重度を$$^{16}$$O+$$^{197}$$Au,$$^{19}$$F+$$^{181}$$Ta,$$^{197}$$Au,$$^{208}$$Pbそれに$$^{28}$$Si+$$^{197}$$Au,$$^{208}$$Pb反応の核分裂過程に対して測定した。$$alpha$$粒子と核分裂片間の角度相関実験の結果は、pre-scission$$alpha$$粒子は主に球形複合核から放出されている事を示している。又Pre-scission陽子と$$alpha$$粒子の多重度は、統計モデル計算結果と矛盾せず、核分裂過程の時間スケールに関して、pre-scission中性子多重度データ結果からの推論と合わせると、分裂過程でサドル-シッション間に予想以上、時間がかかっているという結論になった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:10.82

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.