検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Aggregation in supersaturated lysozyme solution studied by time-resolved small angle neutron scattering

時分割中性子小角散乱法による過飽和リゾチーム溶液中での凝集機構

新村 信雄*; 峯崎 善章; 安宅 光雄*; 曽良 達生*

Niimura, Nobuo*; Minezaki, Yoshiaki; not registered; not registered

生体物質は3次元立体構造を形成して、生理機能を発揮する。3次元立体構造の解明には、生体物質単結晶が試料として必須である。生体物質単結晶成長は、現在殆どが試行錯誤で行われている。生体物質単結晶成長メカニズムの研究は、制御された単結晶成長法の開発に必要である。本論文は、時分割中性子小角散乱法により、リゾチーム・タンパク質が結晶成長していく過程をその場観察した結果をまとめたもので、従来全く考えられていない新しいモデルを提案することができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:97.71

分野:Crystallography

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.