検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mass separation of neutron-rich isotopes using a gas-jet coupled thermal ion source

ガスジェット搬送装置と結合した熱イオン源による中性子過剰核の質量分離

市川 進一; 浅井 雅人*; 塚田 和明; 長 明彦; 生田 智彦*; 篠原 伸夫; 飯村 秀紀; 永目 諭一郎; 初川 雄一; 西中 一朗; 河出 清*; 山本 洋*; 柴田 理尋*; 小島 康明*

not registered; Asai, Masato*; Tsukada, Kazuaki; Osa, Akihiko; not registered; Shinohara, Nobuo; not registered; Nagame, Yuichiro; not registered; not registered; Kawade, Kiyoshi*; Yamamoto, Hiroshi*; not registered; not registered

中性子過剰核のオンライン同位体分離のために、ガスジェット搬送装置と結合した熱イオン源を開発した。$$^{238}$$Uの陽子核分裂で生成する核種の分離効率は、$$^{140}$$Cs(T$$_{1}$$/2=63.7s)3.3%、$$^{144}$$La(T$$_{1}$$/2=40.8s)2.0%、$$^{148}$$Pr(T$$_{1}$$/2=2.0m)2.2%、$$^{156}$$Pm(T$$_{1}$$/2=26.7s)1.2%および$$^{160}$$Eu(T$$_{1}$$/2=44s)と得られた。$$^{148}$$La(T$$_{1}$$/2=1.02s)の分離効率は0.1%であった。これはLa原子とイオン源の構造材であるRe表面との吸着時間が長いためと理解された。酸化物イオンを用いた選択的質量分離により、新核種$$^{166}$$Tb(T$$_{1}$$/2=21$$pm$$6s)を見い出した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:14.86

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.