検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Solubility of magnesium in uranium dioxide

二酸化ウランへのマグネシアの固溶

藤野 威男*; 中間 昌平*; 佐藤 修彰*; 山田 耕太*; 福田 幸朔; 芹澤 弘幸 ; 白鳥 徹雄

Fujino, Takeo*; not registered; Sato, Nobuaki*; Yamada, Kota*; Fukuda, Kosaku; Serizawa, Hiroyuki; Shiratori, Tetsuo

酸素分圧が低い領域において、UO$$_{2}$$へのMgの溶解挙動を調べた。1200$$^{circ}$$Cでは、酸素分圧が10$$^{-14}$$atm以下であってもMgが0.1~0.15%固溶することが判明した。固溶したMgは、Uのサイトに置換するだけでなく、格子間にも固溶すると考えられる。この格子間に固溶したMgは、固溶体の格子定数を増大させる効果をもつ。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:82.1

分野:Materials Science, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.