検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Long pulse operation of a cesium‐seeded multicusp H$$^{-}$$ ion source

大型負イオン源の長パルス運転

奥村 義和; 花田 磨砂也; 井上 多加志; 水野 誠; 小原 祥裕; 鈴木 靖生*; 田中 秀樹*; Tanaka, M.*; 渡邊 和弘

Okumura, Yoshikazu; Hanada, Masaya; Inoue, Takashi; Mizuno, Makoto; Ohara, Yoshihiro; Suzuki, Yasuo*; Tanaka, Hideki*; Tanaka, M.*; Watanabe, Kazuhiro

冷却構造を改良した大型の負イオン源を用いて、最大24時間の長パルスの負イオンビームを生成した。用いた負イオン源はセシウム添加された体積生成型負イオン源であり、10cm$$times$$9cmの領域に11.3mm$$phi$$の引き出し孔38個をもつ。各電極の熱負荷を測定し、最適化された状態で50keV、0.52A(14mA/cm$$^{2}$$)、1000秒の運転を行った。その間、負イオンビーム電流は一定であり、ビーム光学の悪化もなかった。更にセシウムの消費量を調べるため、約100mgのセシウムを注入した状態で24時間の長パルス運転を行い、セシウムの効果がわずかに減少しながらも持続すること(即ち、セシウムの消費量は極めて少いこと)を確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:12.77

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.