検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

マイクロカプセル化相変化物質スラリー熱媒体,3; 過冷却挙動

Microencapsulated PCM slurry for heat transfer media,3; Undercooling behavior of organic PCMs

秋野 詔夫; 中野 文彦*; 久保 真治 ; 田中 周*; 長島 昭*; 鷺谷 昭二郎*; 中西 真行*

Akino, Norio; not registered; Kubo, Shinji; not registered; not registered; not registered; not registered

本報告は、核熱輸送の高効率化のために、溶融・凝固に際して大きな潜熱を出し入れする相変化物質をマイクロカプセル技術によって安定な微粒子とし、熱媒体中に分散させて熱容量を大幅に増大する高密度熱輸送媒体の開発研究の成果を述べるものである。4種の相変化物質(脂肪酸、パラフィンワックス)を4種の皮膜でマイクロカプセル化し、さらに粒径を変化させて、合計40種の熱媒体を試作し、その相変化特性を示差走査熱量計で測定した。相変化物質によっては、粒径が小さくなると凝固放熱温度が低下する過冷却現象が顕著に生じたので、その特性を検討した。相変化物質が単一組成の場合に大きな過冷却が生じ、混合することによって低減できることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.