検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Unusual variation of temperature factor of uranium dioxide at high temperature

高温におけるUO$$_{2}$$の温度因子の異常な変化

芹澤 弘幸 ; 福田 幸朔; 白鳥 徹雄; 藤野 威男*; 佐藤 修彰*; 山田 耕太*

Serizawa, Hiroyuki; Fukuda, Kosaku; Shiratori, Tetsuo; Fujino, Takeo*; Sato, Nobuaki*; Yamada, Kota*

高温における二酸化ウランの物性には、比熱の異常な上昇、電気抵抗の変化等の興味深い現象がみられる。そこで本研究では、高温X線回折装置を用いて二酸化ウランの結晶構造解析を行い、ウラン原子の温度因子を温度の関数として求めた。これにより、約1400K近傍から温度因子が減少するという現象が認められた。中性子回折によって測定された温度因子は、温度の上昇にともなってほぼ単調に増加することが知られている。したがって、本測定で得られた温度因子の異常な挙動は、ウラン原子の電子状態の変化によるものであると考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:56.64

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.