検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Optimization of neutron imaging plate

中性子イメージングプレートの最適化

芳賀 裕子*; 練石 恵子*; 高橋 建一*; 新村 信雄

Haga, Yuko*; Neriishi, Keiko*; Takahashi, K.*; Niimura, Nobuo

中性子イメージングプレートの中性子検出機構をその素過程から検討すると、カラーセンターを創生する割合が中性子イメージングプレートの中性子検出効率を向上させる基本パラメーターになっていることが判明した。そこで、中性子イメージングプレートの厚みと輝尽性蛍光物質量を変数にとり、カラーセンター創生率を実測した。あと、中性子イメージングプレート中の中性子コンバーター(Gd)から中性子吸収率を計算し、最終的な中性子検出効率を求めた。これを最適化することで、中性子コンバーター量50%,厚み200$$mu$$mが、最も検出効率の高い中性子イメージングプレートであることが結論付けられた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:45.57

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.