検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Speciation study on uranium(VI) hydrolysis at high temperatures and pressures

高温及び高圧条件における6価ウラン加水分解の化学種分析研究

桐島 陽; 木村 貴海 ; 杤山 修*; 吉田 善行

Kirishima, Akira; Kimura, Takaumi; Tochiyama, Osamu*; Yoshida, Zenko

放射性廃棄物の処分が計画されている地下環境では、地下水の温度が80$$^{circ}$$C程度になることがある。このため地中でのアクチノイド元素の移行挙動評価には、このような高温,高圧環境での加水分解の評価が必要となる。しかし、実験の難しさからこのような条件での研究報告は非常に少ない。そこで本研究では加水分解の挙動解明や熱力学モデルの検証などを目的とし、20-100$$^{circ}$$C,0.1-40MPaの条件でU(VI)の加水分解の反応挙動を時間分解レーザー誘起蛍光分光法を用いて検討した。実験結果から各錯体種の蛍光寿命の温度依存性を整理し、高温・高圧状態においても常温・常圧状態の場合と同様に、蛍光スペクトルや蛍光寿命によるスペシエーションが可能であることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:75.78

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.