検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

X-ray magnetic circular dichroism at the U $$N_{4,5}$$ edges of uranium monochalcogenides US, USe and UTe

ウラン・モノカルコゲナイドUS, USe, UTeのU $$N_{4,5}$$吸収端での軟X線吸収磁気円二色性測定測定

岡根 哲夫; 岡本 淳; 間宮 一敏; 藤森 伸一; 斎藤 祐児; 村松 康司; 藤森 淳; 落合 明*

Okane, Tetsuo; Okamoto, Jun; Mamiya, Kazutoshi; Fujimori, Shinichi; Saito, Yuji; Muramatsu, Yasuji; Fujimori, Atsushi; Ochiai, Akira*

強磁性体であるウラン・モノカルコゲナイドUS, USe, UTeに対してU $$N_{4,5}$$吸収端での軟X線吸収磁気円二色性測定測定を行い、これらの化合物の磁性状態を調べた。MCDシグナルはUSからUSeになるとはっきり大きくなり、USeとUTeでは同程度であった。MCDシグナルからスピン・モーメントと軌道モーメントを分離して求めると、スピン・モーメント,軌道モーメントともUSからUSeでは増大し、USeからUTeでは減少する傾向が明らかになった。

Magnetic circular dichroism (MCD) has been measured at the U $$N_{4,5}$$ absorption edges of ferromagnetic uranium monochalcogenides US, USe and UTe. The MCD signals are weaker in US than in USe and UTe. Both the spin and orbital moments are increased in going from US to USe, and then reduced from USe to UTe.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:72.17

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.