検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

SDTL空洞RF測定

RF measurement of SDTL cavity

伊藤 崇 ; 浅野 博之*; 森下 卓俊 ; 加藤 隆夫*; 高崎 栄一*; 田中 宏和*; 内藤 富士雄*

Ito, Takashi; Asano, Hiroyuki*; Morishita, Takatoshi; Kato, Takao*; Takasaki, Eiichi*; Tanaka, Hirokazu*; Naito, Fujio*

J-PARCでは、50MeVから190MeVまでの加速には、全32台の分割型ドリフトチューブリニアック(SDTL)が用いられる。現在までに、SDTL部最後部の空洞であるSDTL32空洞の組立てが終了し、RF特性の測定を行った。その結果、現在までに共振周波数323.9MHz,Q値39200(計算値の98%),電場分布のばらつき$$pm$$1%以内という結果を得ている。さらにばらつきを抑えた電場分布を得るため、電場調整試験を継続中である。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.