検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Direct and indirect processes in photon-stimulated ion desorption from condensed formamide

凝集ホルムアミドの光刺激イオン脱離における直接効果・間接効果

池浦 広美*; 関口 哲弘; 馬場 祐治; 今村 元泰*; 松林 信行*; 島田 広道*

Ikeura, Hiromi*; Sekiguchi, Tetsuhiro; Baba, Yuji; Imamura, Motoyasu*; Matsubayashi, Nobuyuki*; Shimada, Hiromichi*

われわれが近年開発した脱離イオン種をプローブとする(XAFS)分光法の基礎データ拡充のため、ホルムアミド分子の凝縮系試料の実験を行った。分子内のC, N, O元素におけるXAFS測定が可能でありC-H, N-H結合を区別して最表面の配向構造分析することが可能であることが示された。さまざまなX線励起エネルギー,生成物種,励起偏光角度について測定した飛行時間質量スペクトルから生成物が放出される際の初期運動エネルギーを求め、イオン脱離機構を調べた。運動エネルギーは発生メカニズム(直接解離/間接解離機構)を大きく反映すること、また多成分存在することが示された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:70.62

分野:Chemistry, Physical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.