検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Coexistence of antiferromagnetism and heavy-fermion superconductivity in CePt$$_{3}$$Si studied by neutron scattering

中性子散乱によるCePt$$_{3}$$Siにおける反強磁性と重い電子超伝導の共存

金子 耕士  ; 目時 直人  ; Bernhoeft, N.*; 松田 達磨; 芳賀 芳範 ; 安田 敬*; 竹内 徹也*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

Kaneko, Koji; Metoki, Naoto; Bernhoeft, N.*; Matsuda, Tatsuma; Haga, Yoshinori; Yasuda, Takashi*; Takeuchi, Tetsuya*; Settai, Rikio*; Onuki, Yoshichika

反転対称性のない重い電子系超伝導体の反強磁性構造と、磁場温度相図,結晶場励起、さらに単結晶試料を用いた超伝導及び常伝導状態における磁気励起の測定結果について報告する。測定された温度磁場領域において、反強磁性構造に変化はないが、磁場によって磁気モーメントが増加し、その偏曲点の位置が相図と一致することを明らかにした。また、反強磁性が超伝導状態で共存する初めてのCe4f電子系であることを明らかにした。反強磁性ベクトルごく近傍の狭い領域で重い電子状態に由来する準弾性散乱を観察し、スピン波と結合して分散を示すことを明らかにした。これはUPd$$_{2}$$Al$$_{3}$$などとも共通の現象であるが、磁気励起に超伝導温度で明瞭な変化は観察されなかったことが決定的に異なる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.