検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC DTL第3空洞の高周波特性試験

RF characteristics of J-PARC DTL3 cavity

伊藤 崇 ; 浅野 博之*; 森下 卓俊 ; 加藤 隆夫*; 高崎 栄一*; 田中 宏和*; 吉野 一男*; 内藤 富士雄*

Ito, Takashi; Asano, Hiroyuki*; Morishita, Takatoshi; Kato, Takao*; Takasaki, Eiichi*; Tanaka, Hirokazu*; Yoshino, Kazuo*; Naito, Fujio*

日本原子力研究所と高エネルギー加速器研究機構(KEK)が共同で進めている大強度陽子加速器計画(J-PARC)では、3MeV$$sim$$50MeVまでのH$$^{-}$$イオンの加速に、ドリフトチューブリニアック(Drift Tube Linac:以下DTL)が用いられる。DTLは全3空洞から成り、それぞれの空洞は3台のユニットタンクを結合することで構成される。DTL第一空洞(DTL1)は、KEKにおいて組立て,設置、及び加速試験までが行われ、各種ビーム特性測定が行われた。また、DTL2及びDTL3は、組立て終了後、各空洞の電場分布調整・周波数調整等、RF特性試験を行った。チューナー及びポストカプラーの調整の結果、共振周波数323.914MHz,各セルの平均電場分布のばらつき$$pm$$0.8%以下という値を得た。

The third Drift Tube Linac (DTL3) is adopted for 37MeV-50MeV part of high intensity proton linac for Japan Proton Accelerator Research Complex(J-PARC). DTL3 consists of 26 full drift tubes, 2 half drift tubes and 26 post-couplers. As a result of tuning of the accelerating field of the DTL3, the resonant frequency was adjusted to 324MHz and the average accelerating field distribution was adjusted within 1%.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.