検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

$$mu$$SR studies of Pu metal and the Pu-based superconductor PuCoGa$$_5$$

Puにおける磁性の可能性並びにPuCoGa$$_5$$の超伝導の$$mu$$SR法を用いた研究

Heffner, R. H.; Bauer, E. D.*; Chung, B.*; Fluss, M. J.*; 髭本 亘 ; 伊藤 孝; MacLaughlin, D. E.*; Morales, L. A.*; Morris, G. D.*; 大石 一城; Sarrao, J. L.*; Shu, L.*

Heffner, R. H.; Bauer, E. D.*; Chung, B.*; Fluss, M. J.*; Higemoto, Wataru; Ito, Takashi; MacLaughlin, D. E.*; Morales, L. A.*; Morris, G. D.*; Oishi, Kazuki; Sarrao, J. L.*; Shu, L.*

Puの磁性及びPuCoGa$$_5$$の超伝導について報告する。Pu金属の基底状態、特に磁気的状態は固体物理における基本的かつ興味深い問題である。われわれは$$mu$$SR法を用いて$$alpha$$型及び$$delta$$型のプルトニウム金属についての測定を行い、実験的に存在しえる磁気モーメントの上限を決定した。またPuCoGa$$_5$$において磁場侵入長の測定を行い、温度に比例して増加することを見いだすとともに時間反転対称性があることを確認した。これらの結果は偶パリティを持つ超伝導状態と一致する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.