検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

繰り返しアプローチに基づく地質構造のモデル化(Step1およびStep2)

The Construction of geological model using an iterative approach; Step 1 and step 2

松岡 稔幸; 熊崎 直樹*; 三枝 博光; 佐々木 圭一; 遠藤 令誕*; 天野 健治 

Matsuoka, Toshiyuki; Kumazaki, Naoki*; Saegusa, Hiromitsu; Sasaki, Keiichi; Endo, Yoshinobu*; Amano, Kenji

地層処分研究開発の基盤となる深地層の科学的研究の一環として進めている、超深地層研究所計画においては、繰り返しアプローチを実施すること(「計画立案」$$rightarrow$$「調査」$$rightarrow$$「解釈/データセット」$$rightarrow$$「概念化/モデル化/解析」$$rightarrow$$「アウトプット」の一連のプロセスを繰り返すこと)により、各研究スケールにおける深部地質環境の体系的な調査・解析・評価技術の基盤を整備することを主たる研究目標としている。本報告では、瑞浪超深地層研究所用地(以下、研究所用地)を包含する数百m$$sim$$数km四方の領域(サイトスケール)を対象に、Step1:「既存の情報、地質踏査および反射法弾性波探査」、およびStep2:「Step1の情報に既存ボーリング孔を利用した調査および浅層ボーリング調査における情報を付加」の2段階の情報に基づき、繰り返しアプローチによる地質構造モデルを構築し、研究所用地周辺に分布する地質・地質構造の可視化を行った。その結果、各段階の情報に基づき、地質構造モデルに表現すべき要素を抽出するとともに、研究所用地に分布する主要な不連続構造として、北北西走向、東西走向、北東走向に卓越する数条の断層を確認・推定した。

One of the main goals of the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) Project is to establish appropriate methodologies for reliably investigating and assessing the deep subsurface. This report documents the results of geological modeling of Step1 and Step2 using the iterative investigation approach at the site-scale (several 100m to several km in area). For the Step1 model, existing information (e.g. literature), and results from geological mapping and reflection seismic survey were used. For the Step2 model, additional information obtained from the geological investigation using existing borehole and the shallow borehole investigation were incorporated. As a result of this study, geological elements that should be represented in the model were defined, and several major faults with trends of NNW, EW and NE trend were identified (or inferred) in the vicinity of the MIU-site.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.