検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Distortion of pulse-height spectra of neutron capture $$gamma$$ rays

None

Laptev, A.; 原田 秀郎 ; 中村 詔司; 堀 順一*; 井頭 政之*; 大崎 敏郎*; 大釜 和也*

Laptev, A.; Harada, Hideo; Nakamura, Shoji; Hori, Junichi*; Igashira, Masayuki*; Osaki, Toshiro*; Ogama, Kazuya*

飛行時間法(Time-of-flight: TOF)法による中性子捕獲実験では、中性子源で強力なガンマフラッシュが発生する。このガンマフラッシュにより検出器は著しい影響を受け、$$gamma$$線波高シグナルのベースラインが歪められてしまう。この歪みは、測定される$$gamma$$線ピークの収量に影響を及ぼしてしまうという問題が生じてしまう。そこで、ベースラインの歪みに対する補正因子を求める手法を開発し、補正量を定量的に求めた。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.