検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

緩衝材の水分ポテンシャルと水分拡散係数

None

鈴木 英明*; 菅野 毅; 藤田 朝雄

Suzuki, Hideaki*; Kanno, Takeshi; Fujita, Tomoo

高レベル放射性廃棄物の地層処分における人工バリアおよび、その周辺岩盤から成るニアフィールドでは、廃棄体からの放熱、周辺岩盤から人工バリアへの地下水の浸入、地下水の浸入による緩衝材の膨潤圧の発生、周辺岩盤の地圧変化などの現象が相互に影響することが予想される。このような、熱-水-応力連成現象を評価することは、ニアフィールド環境の明確化の観点から重要な課題の一つである。動燃事業団では、熱-水-応力連成現象を評価するために、個々の現象に関わるメカニズムを明らかにするための研究とともに、大型緩衝材試験設備(BIGBEN)を用いての連成現象の観察や、これを解析する手法およびコードの開発を行っている。本報告は、緩衝材の候補材であるベントナイトを対象に、熱-水-応力連成現象解析のための入力データとなる水分ポテンシャルと水分拡散係数について、その体積含水率および温度依存性を実験的に明らかにし、定式化を行ったものである。

None

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.