検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Burn control study using burning plasma simulation experiments in JT-60U

JT-60Uにおける核燃焼模擬実験による燃焼制御研究

竹永 秀信; 三浦 幸俊; 久保 博孝; 坂本 宜照; 平塚 一 ; 市毛 尚志; 米川 出*; 川俣 陽一; 飯尾 俊二*; 坂本 隆一*; 小林 進二*

Takenaga, Hidenobu; Miura, Yukitoshi; Kubo, Hirotaka; Sakamoto, Yoshiteru; Hiratsuka, Hajime; Ichige, Hisashi; Yonekawa, Izuru*; Kawamata, Yoichi; Iio, Shunji*; Sakamoto, Ryuichi*; Kobayashi, Shinji*

JT-60Uにおいて、自律性が強い燃焼プラズマの制御性を明らかにするために、自己加熱模擬用と外部加熱模擬用の2つのNBグループを用いた核燃焼模擬実験を行った。自己加熱模擬用では、実時間制御システムを用いてDD反応による中性子発生率に比例して加熱パワーを入射した。外部加熱模擬用では、蓄積エネルギー帰還制御を自己加熱模擬と同時に適用可能なように制御系を改良した。ELMy Hモードプラズマに、外部加熱模擬用NBパワー一定の下で自己加熱模擬を適用した場合には、自己加熱模擬用の比例定数を大きくすることにより、中性子発生率と加熱パワーの増加ループが発生し、蓄積エネルギーも増加した。蓄積エネルギー帰還制御を自己加熱模擬と同時に適用した場合には、自己加熱模擬用NBパワーが増加しても、蓄積エネルギー帰還制御により外部加熱模擬用NBパワーが減少し、蓄積エネルギーは一定に制御された。0次元モデル計算により、自己加熱模擬用の比例定数を大きくすることは閉じ込め性能が高くなった場合を模擬していることを示した。また、同計算により、蓄積エネルギー帰還制御を行った場合、Q=5では十分な制御性が確保されているが、Q=30では制御性が小さいことが示された。このことは、実験結果と矛盾しない。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:32.55

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.