検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High spin structure and intruder configurations in $$^{31}$$P

$$^{31}$$Pにおける高スピン構造と侵入者配位

Ionescu-Bujor, M.*; Iordachescu, A.*; Napoli, D. R.*; Lenzi, S. M.*; M$u{a}$rginean, N.*; 大塚 孝治*; 宇都野 穣; Ribas-Arino, J.*; Axiotis, M.*; Bazzacco, D.*; Bizzeti-Sona, A. M.*; Bizzeti, P. G.*; Brandolini, F.*; Bucurescu, D.*; Cardona, M. A.*; De Angelis, G.*; de Poli, M.*; Della Vedova, F.*; Farnea, E.*; Gadea, A.*; Hojman, D.*; Kalfas, C. A.*; Kr$"o$ll, Th.*; Lunardi, S.*; Mart$'i$nez, T.*; Mason, P.*; Pavan, P.*; Quintana, B.*; Rossi Alvarez, C.*; Ur, C. A.*; Vlastou, R.*; Zilio, S.*

Ionescu-Bujor, M.*; Iordachescu, A.*; Napoli, D. R.*; Lenzi, S. M.*; M$u{a}$rginean, N.*; Otsuka, Takaharu*; Utsuno, Yutaka; Ribas-Arino, J.*; Axiotis, M.*; Bazzacco, D.*; Bizzeti-Sona, A. M.*; Bizzeti, P. G.*; Brandolini, F.*; Bucurescu, D.*; Cardona, M. A.*; De Angelis, G.*; de Poli, M.*; Della Vedova, F.*; Farnea, E.*; Gadea, A.*; Hojman, D.*; Kalfas, C. A.*; Kr$"o$ll, Th.*; Lunardi, S.*; Mart$'i$nez, T.*; Mason, P.*; Pavan, P.*; Quintana, B.*; Rossi Alvarez, C.*; Ur, C. A.*; Vlastou, R.*; Zilio, S.*

イタリア・レニャーロ国立研究所のタンデム加速器を用いて、$$^{31}$$Pの高スピン準位を$$^{24}$$Mg($$^{16}$$O,2$$alpha p$$)反応によって測定した。この実験から、正パリティ状態については17$$^+$$/2まで、負パリティ状態については15$$^-$$/2までのイラスト状態及び何本かの非イラスト状態を同定した。観測されたそれぞれの状態からの脱励起$$gamma$$線の寿命から、$$E2$$, $$M1$$, $$E1$$遷移確率を導出した。この実験により、$$sd$$殻領域における殻模型の再現性を侵入者配位まで拡大してテストすることが可能になった。原子力機構でなされたモンテカルロ殻模型計算の結果を今回の実験値と比べたところ、正パリティ状態のみならず、負パリティ状態の位置とほとんどすべての電磁遷移確率を正しく再現できることがわかった。この一致から、モンテカルロ殻模型に代表される大規模殻模型計算がこれまで多くの研究がなされてきた低励起状態のみならず、イラスト線近傍の高励起状態においてもよく予言されることが示された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:20.91

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.