検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

秋田県・千屋断層の陸羽地震断層露頭

Preliminary report on a new fault exposure of the Senya fault associated with the Rikuu earthquake in 1896, Northeast Japan

今泉 俊文*; 楮原 京子*; 大槻 憲四郎*; 三輪 敦志*; 小坂 英輝*; 野原 壯  

Imaizumi, Toshifumi*; Kagohara, Kyoko*; Otsuki, Kenshiro*; Miwa, Atsushi*; Kosaka, Hideki*; Nohara, Tsuyoshi

2005年夏に千屋丘陵の西麓(花岡地区)・大道川の河岸で、陸羽地震時に形成されたと考えられる断層露頭を発見した。この露頭によって、千屋断層の(陸羽地震時)地表トレースが地形境界に沿って大きく湾曲することが明確になった。このような逆断層のトレースの湾曲がどのように形成されたのか、逆断層の先端(地表)から地下の断層形状・構造を解明するうえでも重要な露頭と考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.