検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Heavy-ion induced current through an oxide layer

酸化膜を介した重イオン誘起電流

高橋 芳浩*; 大木 隆弘*; 長澤 賢治*; 中嶋 康人*; 川鍋 龍*; 大西 一功*; 平尾 敏雄; 小野田 忍; 三島 健太; 河野 勝康*; 伊藤 久義

Takahashi, Yoshihiro*; Oki, Takahiro*; Nagasawa, Takaharu*; Nakajima, Yasuhito*; Kawanabe, Ryu*; Onishi, Kazunori*; Hirao, Toshio; Onoda, Shinobu; Mishima, Kenta; Kawano, Katsuyasu*; Ito, Hisayoshi

Si基板上にAlゲートp-MOSFETを作製し、TIARAの重イオンマイクロビームシステムを使用して重イオン照射を行い、照射誘起過渡電流の測定を行った。その結果、ゲート端子における過渡電流は、照射中負のゲート電圧を印加した状態でのみ観測されることがわかった。また、ソース・ドレイン電極を接地(基板と同電位)してゲート領域に重イオンを照射した場合、ピーク値の異なる正・負の電流が観測され、その積分値は照射後100ns程度でほぼ0となることがわかった。本誘起電流が伝導電流によるものであれば、正方向の電流のみが観測されることが予想される。よって本測定結果より、酸化膜を介した照射誘起電流は、変位電流に由来すると帰結できる。また測定結果は、酸化膜を完全絶縁体と仮定した計算により再現できることが確認できた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:62.28

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.