検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Burn control simulation experiments in JT-60U

JT-60Uにおける燃焼制御模擬実験

下村 浩司*; 竹永 秀信; 筒井 広明*; 三又 秀行*; 飯尾 俊二*; 三浦 幸俊; 谷 啓二; 久保 博孝; 坂本 宜照; 平塚 一; 市毛 尚志; 末岡 通治; 川俣 陽一; 坂本 隆一*; 小林 進二*; 嶋田 隆一*

Shimomura, Koji*; Takenaga, Hidenobu; Tsutsui, Hiroaki*; Mimata, Hideyuki*; Iio, Shunji*; Miura, Yukitoshi; Tani, Keiji; Kubo, Hirotaka; Sakamoto, Yoshiteru; Hiratsuka, Hajime; Ichige, Hisashi; Sueoka, Michiharu; Kawamata, Yoichi; Sakamoto, Ryuichi*; Kobayashi, Shinji*; Shimada, Ryuichi*

燃焼プラズマの制御性を明らかにするために、JT-60Uにおいて自己加熱模擬用と外部加熱模擬用の2つのNBグループを用いた燃焼制御模擬実験を行った。自己加熱模擬用では、中性子発生率に比例して加熱パワーを入射した。外部加熱模擬用では、蓄積エネルギー帰還制御を適用した。ELMy Hモード及び負磁気シアプラズマとも、自己加熱模擬用NBパワーが増加した場合には、外部加熱模擬用NBパワーが減少することにより蓄積エネルギーは一定に維持された。しかしながら、負磁気シアプラズマでは、ELMy Hモードプラズマと比べて外部加熱模擬用NBパワーの変動は大きく、制御裕度を大きくとる必要がある。両プラズマでの違いの原因を明らかにするために、非定常輸送解析コードTOPICSに燃焼制御模擬ロジックを組み込んだ。実験データから評価された実効的な粒子拡散係数と熱拡散係数を用いて計算を行った結果、負磁気シアプラズマで外部加熱模擬用NBパワーの振動が大きくなることは再現できなかった。また、熱拡散係数が温度依存性を持つと仮定した場合でも、外部加熱模擬用NBパワーの振動が大きくなることは観測されなかった。拡散係数の違い及びその温度依存性では両プラズマでの実験結果の違いを説明できないと考えられる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:79.49

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.