検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Neutron diffraction and X-ray absorption study of Ag$$_{5}$$Pb$$_{2}$$O$$_{6}$$

Ag$$_{5}$$Pb$$_{2}$$O$$_{6}$$の中性子散乱とX吸収による研究

吉井 賢資 ; 水牧 仁一朗*; 加藤 和男*; 宇留賀 朋哉*; 阿部 英樹*; 中村 彰夫; 下条 豊; 石井 慶信; 森井 幸生

Yoshii, Kenji; Mizumaki, Masaichiro*; Kato, Kazuo*; Uruga, Tomoya*; Abe, Hideki*; Nakamura, Akio; Shimojo, Yutaka; Ishii, Yoshinobu; Morii, Yukio

標記の銀鉛酸化物につき、中性子散乱と放射光を用いた吸収分光法により、その結晶構造と電子状態を観測した。中性子散乱からは、結晶構造は三方晶${it P}$ $$bar{3}$$1m構造であり、これは過去のX線回折の結果と一致する。求まった結晶パラメータから、銀及び鉛イオンの原子価は約1+及び3.7+であった。X線吸収分光からは、銀の原子価はほぼ1+、鉛の原子価は3+と4+の中間であった。これらの結果は、鉛電子がこの物質の金属伝導と超伝導の期限であることを示唆するものであり、バンド計算の結果とも定性的に一致する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:25.64

分野:Chemistry, Inorganic & Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.