検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

PUREX再処理工程における活性アルミナを用いた2次溶媒洗浄技術の検討,2; 活性アルミナによる溶媒洗浄試験結果

Study of secondary solvent cleanup using activated alumina in PUREX reprocessing processes, 2; Result of solvent cleanup examination with activated alumina

荒井 陽一; 荻野 英樹; 竹内 正行; 加瀬 健; 小泉 務

Arai, Yoichi; Ogino, Hideki; Takeuchi, Masayuki; Kase, Takeshi; Koizumi, Tsutomu

PUREXプロセスに用いられる抽出溶媒(30%TBP-n-ドデカン)は、放射線や硝酸などにより劣化し、それぞれに由来する劣化物が生成される。TBP劣化物についてはアルカリ洗浄等により除去されるが、ドデカン由来の劣化物は、その生成量は少量ではあるが、除去されず溶媒中に蓄積される傾向にある。そこで、ドデカン劣化物除去方法として、活性アルミナによる溶媒洗浄法を検討した。本研究では、活性アルミナを用いた溶媒洗浄試験実施し、洗浄性能の確認及び劣化物の除去による3N硝酸との相分離性について調査した。これらの試験の結果、活性アルミナによる劣化成分の除去により、相分離性は大幅に改善したことを確認し、溶媒洗浄技術として効果的であるとの結論を得た。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.