検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The DTL/SDTL alignment of the J-PARC linac

J-PARCリニアックにおけるDTL及びSDTLのアライメント

森下 卓俊; 浅野 博之; 伊藤 崇; 上野 彰; 長谷川 和男; 内藤 富士雄*; 高崎 栄一*; 田中 宏和*; 吉野 一男*; 池上 雅紀*

Morishita, Takatoshi; Asano, Hiroyuki; Ito, Takashi; Ueno, Akira; Hasegawa, Kazuo; Naito, Fujio*; Takasaki, Eiichi*; Tanaka, Hirokazu*; Yoshino, Kazuo*; Ikegami, Masanori*

J-PARCリニアックは機器のインストールを終了し、ビーム総合運転試験を開始した。機器の精密な整列は高品質のビーム加速にとって本質的に重要である。J-PARCリニアックでは、機器の許容設置誤差は0.1mmである。DTL及びSDTLは機器の中心位置を整列させるため、光学望遠鏡を使用して機器のインストール段階から精密に設置した。一台あたりの長さが10mに及ぶDTL空洞は三台のユニットタンクからなる。インストール時のユニットタンク連結で生じる位置ずれを検出するため、レーザートラッカーを使用したモニタリングを行い、要求精度内の設置が可能となった。また、建家の不等沈下を定期的に測定し、DTL及びSDTLの設置に補正を加えた。その結果、DTL/SDTL区間において、ビーム加速のために十分な精度で機器が整列された。

J-PARC linear accelerator components have been installed. The required alignment accuracy in the J-PARC linac is 0.1mm in transverse direction. In the DTL/SDTL section, the fine alignment was carried out by using an optical alignment telescope along with the cavity installation. The displacement of the DTL by the unit tank connection was monitored by a laser tracker to obtain the tolerable displacement between unit tanks. The heights of cavities and magnets were compensated form the unequal ground movement of the linac tunnel. Finally, all the cavities and magnets are aligned within the tolerable alignment error.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.