検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

粒子状有機物の「見かけの年齢」の変動因子

Factors controlling an apparent age of particulate organic matter in seawater

乙坂 重嘉 ; 田中 孝幸; 天野 光; 外川 織彦 ; 乗木 新一郎*; 皆川 昌幸*

Otosaka, Shigeyoshi; Tanaka, Takayuki; Amano, Hikaru; Togawa, Orihiko; Noriki, Shinichiro*; Minakawa, Masayuki*

海洋における粒子状有機物(POM: Particulate Organic Matter)中の放射性炭素(C-14)同位体比から得られるPOMの「見かけの年齢」は、POMの輸送過程を追跡するための指標として有効である。しかしながら、POM中C-14の同位体比は、海洋表層でのPOM生産時からの経過時間ばかりではなく、海底や陸域からのPOMの供給や、海水中に溶存する有機物の粒子化の程度をも反映して変化することが指摘されている。そこで本講演では、北海道西方沖,日高沖の2海域と、その周辺地域で得られたPOM試料の分析結果から、POM中の「見かけの年齢」を変化させる因子について議論する。いずれの海域でも、デルタC-14値は深さとともに減少し、試料を採取した水深から海底までの距離と、デルタC-14値との間には、有意な関係は見られなかった。この結果から、海水柱内には「古い」POMが確かに存在するが、その「古さ」は海底からの物質供給のみでは決定付けられないことがわかった。沈降POMと懸濁POMではデルタC-14値とデルタC-13値(安定炭素同位体比)との関係が異なり、懸濁POMは微生物等による海水中での再食の結果を、沈降POMは陸起源POMの混入をそれぞれ反映することが示唆された。

An apparent age of particulate organic matter (POM) in seawater that is estimated from isotopic ratio of radiocarbon is convenient indicator for verifying transport processes of POM in the ocean. However, it is suggested that isotopic ratio of radiocarbon also reflects mixing of old POM from the surrounding regions and seafloor as well as an age of the POM. In this study, we discuss the cause of the variation in apparent age of POM from radiocarbon measurements of various particulate materials obtained at the northeastern Japan Sea and the northwestern North Pacific.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.