検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

I-126を用いた環境中のヨウ素抽出法の検討

Investigation on extraction methods of environmental iodine using I-126

窪田 卓見*; 中野 朋子*; 天野 光; 鈴木 崇史; 馬原 保典*

Kubota, Takumi*; Nakano, Tomoko*; Amano, Hikaru; Suzuki, Takashi; Mahara, Yasunori*

環境中のヨウ素分析において、年代が古くI-129の同位体比の低い試料を取り扱う際には、人工起源(再処理工場など)由来の汚染の影響を考慮する必要がある。著者らは、I-129の同位体比が低いとされる千葉県茂原のかん水試料の分析を行ったが、予想に反して、非常に高い同位体比を得た。原因となる汚染経路は幾つか考えられるが、本研究では、塩素を含有する試薬に起因すると推測し、ハロゲンを含有しない抽出系(イオン交換法・溶媒抽出法)を検討し、I-126を用いてその抽出系の回収率について考察を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.