検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

NOBORU; J-PARC BL10 for facility diagnostics and its possible extension to innovative instruments

NOBORU; 施設診断のためのJ-PARCビームラインNo.10と革新的な装置への拡張可能性

前川 藤夫; 及川 健一; 原田 正英; 甲斐 哲也  ; 明午 伸一郎  ; 春日井 好己; 大井 元貴; 酒井 健二 ; 勅使河原 誠; 長谷川 勝一; 池田 裕二郎; 渡辺 昇*

Maekawa, Fujio; Oikawa, Kenichi; Harada, Masahide; Kai, Tetsuya; Meigo, Shinichiro; Kasugai, Yoshimi; Oi, Motoki; Sakai, Kenji; Teshigawara, Makoto; Hasegawa, Shoichi; Ikeda, Yujiro; Watanabe, Noboru*

J-PARC物質・生命科学実験施設(MLF)の中性子源JSNSの第10番目の中性子ビームラインであるNOBORUが建設された。NOBORUの第一目的はJSNSの中性子性能を研究することである。NOBORUにより、JSNSで発生する記念すべき最初の中性子パルスの測定を行い、そして施設診断を目的として中性子のパルス形状,スペクトル,強度分布等を測定する計画である。NOBORUはテストポートとしての性格も併せ持ち、革新的実験装置開発のための試験も積極的に受け入れる。現在、NOBORUを利用した幾つかの革新的実験装置の実証実験を計画中である。

A neutron beam line (BL10) of JSNS, NOBORU, has been constructed in the Materials and Life Science Experimental Facility (MLF) at J-PARC. A primal mission of NOBORU is to study neutronic performance of JSNS. We will measure the memorable first neutron pulse of JSNS at the Day-one by using NOBORU, and then measure neutron pulse shape, spectrum, intensity distribution, etc. for facility diagnostics. Since NOBORU also has an aspect as a test port, it welcomes trial uses to develop innovative instruments. Trial experiments to demonstrate several innovative instruments at NOBORU are under planning.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:5.99

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.