検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリニアックの第1ACSモジュールの大電力試験

High power test of the first ACS module for the J-PARC linac

平野 耕一郎 ; 青 寛幸; 森下 卓俊 ; 浅野 博之; 堀 利彦; 山崎 正義; 小林 鉄也; 久保田 親*; 山崎 良成

Hirano, Koichiro; Ao, Hiroyuki; Morishita, Takatoshi; Asano, Hiroyuki; Hori, Toshihiko; Yamazaki, Masayoshi; Kobayashi, Tetsuya; Kubota, Chikashi*; Yamazaki, Yoshishige

J-PARCリニアックでは、190MeVから400MeVまでの高エネルギー部にACS(Annular Coupled Structure)の加速空洞を用い、ビームエネルギーの増強を計画している。ビームラインには、2台のACSバンチャ空洞と21台のACSモジュールが設置される計画であり、現在、ACS空洞の開発を進めている。今回、高エネルギー加速部の最上流に設置される予定の第1番目のモジュール($$beta$$=0.56)を試作した。ACS空洞の大電力試験を実施し、共振周波数972MHz,入力電力1.8MW,パルス幅600$$mu$$s,繰り返し50Hzで、定格以上の平均加速電界4.5MV/m(設計4.3MV/m)が得られた。

An ACS (Annular Coupled Structure) module has been developing for the 190-MeV to 400-MeV part of the J-PARC Linac. We have conducted the high power test of the first ACS module which consists of two accelerating tanks with 17 cells and a bridge tank with 9 cells. This paper describes results of the high power RF tests. The module achieved an average axial accelerating gradient of E0 = 4.5 MV/m at 1.8 MW RF input power, 0.6 ms pulse width, and 50 Hz repetition rate.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.