検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARCリニアックにおけるビームエネルギー測定

Beam energy measurement at J-PARC linac

佐藤 進  ; 五十嵐 前衛*; 富澤 哲男 ; 三浦 昭彦 ; 上野 彰  ; 佐甲 博之   ; 森下 卓俊  ; 近藤 恭弘  ; Shen, G.; 秋川 藤志*; 池上 雅紀*; 外山 毅*; Lee, S.*

Sato, Susumu; Igarashi, Zenei*; Tomisawa, Tetsuo; Miura, Akihiko; Ueno, Akira; Sako, Hiroyuki; Morishita, Takatoshi; Kondo, Yasuhiro; Shen, G.; Akikawa, Hisashi*; Ikegami, Masanori*; Toyama, Takeshi*; Lee, S.*

J-PARCリニアックにおいては、ファインメットコアを用いたFast Current Transformer(FCT)を用いてビームの位相を測定し、ペアとなるFCT間の位相差から、飛行時間(TOF)を求めて、ビームのエネルギーを測定している。このとき用いる、飛行距離については、FCTの位置を専用の測量台座を設けて、測定してある。今回の報告は、ビームのエネルギーを、飛行距離の異なる複数のTOF組合せ間で比較をするとともに、リニアックにある加速空洞(SDTLの後段)を用いてビームエネルギーを変化させ、考察を行う。また、リニアックの後段に続く、シンクロトロン(RCS)に入射したとき、ビーム捕獲用のRF源を用いて測定されている周回周波数を用いて、(周回軌道の長さを仮定したときの)導出したビームエネルギーと、比較を試みる。さらに、リニアックからRCSへの入射エネルギーを変化させたときに生じる、RCSにおける(dispersion項による)Closed Orbit Distortion(COD)の変化量を用いて、ビームエネルギーの変化量を推測し、リニアック側でFCTを用いて測定したビームエネルギーの変化量との対応関係について考察を行う。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.