検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of 7 T Cryogen-free superconducting magnet for gyrotron

ジャイロトロン用7T無冷媒超伝導マグネットの開発

広瀬 量一*; 神門 剛*; 奥井 良夫*; 宮田 斉*; 渋谷 和幸*; 尾崎 修*; 坂本 慶司

Hirose, Ryoichi*; Kamikado, Takeshi*; Okui, Yoshio*; Miyata, Hitoshi*; Shibutani, Kazuyuki*; Ozaki, Osamu*; Sakamoto, Keishi

ジャイロトロン用超伝導コイルの開発結果である。室温ボアは240mm,中心磁場は7Tである。コイルは、メインコイルとガンコイル,スイープコイルで構成されており、それぞれ独立に給電される。中心磁場を$$pm$$0.2Tスイープできることが特徴であり、スイープ時間は10秒である。スイープコイルはACロスによるクエンチを避けるため、ニオブ3スズが使用されている。このコイルは、ジャイロトロンの周波数高速可変実験にも使用される予定である。

A special type of 7 T 240 mm vertical bore cryogen-free superconducting magnet system was developed. The magnet system consists of three sets of coils which are charged separately. A set of sweep coils are located inside of the main coil. The sweep coil produces only $$pm$$0.2 T but is charged and discharged within 10 seconds so as to control electron trajectory. To avoid quench with the rise of the temperature from the large AC loss, this set of coils are wound with Nb$$_{3}$$Sn conductor. This magnet system will contribute to the fast control of the gyrotron oscillation frequency.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:59.47

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.