検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurements of neutron capture cross section of $$^{237}$$Np for fast neutrons

高速中性子に対する$$^{237}$$Npの中性子捕獲断面積の測定

原田 秀郎 ; 中村 詔司; 初川 雄一; 藤 暢輔 ; 木村 敦; 石渡 祐樹*; 安見 厚志*; 間渕 幸雄*; 仲川 勉*; 岡村 和夫*; 斉藤 勲*; 岡 芳明*

Harada, Hideo; Nakamura, Shoji; Hatsukawa, Yuichi; Toh, Yosuke; Kimura, Atsushi; Ishiwatari, Yuki*; Yasumi, Atsushi*; Mabuchi, Yukio*; Nakagawa, Tsutomu*; Okamura, Kazuo*; Saito, Isao*; Oka, Yoshiaki*

弥生炉の高速中性子を用い、約0.1mgの微量サンプルを用いて高速中性子の捕獲断面積を測定する技術を開発し、その有効性を高速中性子に対する$$^{237}$$Npの中性子捕獲断面積を測定することにより実証した。測定手法としては放射化法を適用し、中性子捕獲反応で生成する$$^{238}$$Npの生成量を、これからの崩壊$$gamma$$線をGe検出器で測定することにより測定した。モンテカルロ計算で得られた照射場の中性子束強度は、同時に照射したAuモニターの放射化量により校正した。核データライブラリーに収められている$$^{237}$$Npの中性子捕獲断面積のエネルギー依存性情報より、本測定で導出される中性子捕獲断面積及び対応する中性子エネルギーの代表点を求めた。この結果、0.214$$pm$$0.009MeVにおいて0.80$$pm$$0.04bという5%の精度での測定値を得た。この結果は、ENDF/B-VII.0の評価値と一致するが、JENDL-3.3のそれより15%、JENDL/AC-2008のそれよりも13%大きくなることを示した。

The neutron capture cross section of $$^{237}$$Np has been measured for fast neutrons supplied at the center of the core in the Yayoi reactor. The activation method was used for the measurement, in which the amount of the product $$^{238}$$Np was determined by $$gamma$$-ray spectroscopy using a Ge detector. The representative neutron energy and the corresponding capture cross section of $$^{237}$$Np in the experiment were analytically deduced as 0.80 $$pm$$ 0.04 b at 0.214 $$pm$$ 0.009 MeV from the measured reaction rate by combining the energy dependence of the cross section in the nuclear data library ENDF/VII.0. The deduced cross section of $$^{237}$$Np at the representative neutron energy agrees with the evaluated data of ENDF/B-VII.0, but shows 15% larger value than that of JENDL-3.3 and 13% larger value than that of JENDL/AC-2008.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.