検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

計量分析用標準物質の調製と評価,2; 評価結果

Preparation and evaluation of reference materials for accountancy analysis, 2; Evaluation results

角 美香; 阿部 勝男; 影山 十三男; 中沢 博明; 高松 舞*; 甲地 友和*; 村上 貴樹*; 藍 寛信*

Sumi, Mika; Abe, Katsuo; Kageyama, Tomio; Nakazawa, Hiroaki; Takamatsu, Mai*; Kacchi, Tomokazu*; Murakami, Yoshiki*; Ai, Hironobu*

破壊測定(DA)による核燃料施設の計量分析を行ううえで、その分析精度は、保障措置における測定の不確かさに関する国際目標値(ITV)を満たすことが求められている。同位体希釈質量分析法の測定精度は、使用される標準物質(スパイク)の精度に依存するため、信頼性の高い標準物質を使用することが、測定の不確かさを減らすためには不可欠である。原子力機構と日本原燃との共同研究で調製されたLSDスパイクは、そのPu対U比,スパイクバイアル一本あたりの核物質量等が保障措置分析所等で使用されているものと大きく異なっている、認証標準物質以外を原料としていることなどから、調製されたLSDスパイクの不確かさ及び実試料を用いた測定結果の不確かさをISO-GUMに基づいて評価した。また、これらの測定結果を海外から購入されるLSDスパイクを用いた測定結果、及びITVに対して比較評価した結果を報告する。

Destructive analysis for accountancy at nuclear fuel facilities should attain international target values for measurement uncertainties in safeguarding nuclear materials (ITVs).Since measurement uncertainties of isotope dilution mass spectrometry depend on uncertainties of standard materials (spikes) used, utilizing highly reliable standard material is essential. The LSD spikes prepared under collaboration work with JAEA and JNFL has different Pu/U ratio and smaller nuclear material in a spike compared with the LSD spikes used at safeguard laboratories, and the value of Pu which separated and purified from MOX and used as raw material for one of the LSD spike prepared at JAEA were measured at JAEA. Uncertainties of the prepared LSD spikes and the measurement results of actual samples with these LSD spikes were evaluated based on ISO-GUM and compared with ITVs.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.