検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

離散化チャネル結合法を用いた重陽子入射反応における不完全融合反応の解析

Analysis of deuteron induced incomplete fusion reaction with Continuum-Discretized Coupled-Channels method

橋本 慎太郎; 緒方 一介*; 千葉 敏; 八尋 正信*

Hashimoto, Shintaro; Ogata, Kazuyuki*; Chiba, Satoshi; Yahiro, Masanobu*

リチウムを標的とした重陽子入射反応は、国際核融合材料照射施設(IFMIF)計画における中性子源として注目されている。しかし、その中性子放出断面積において見られる実験データと理論計算値の間の大きな不一致が問題となっている。その原因として、これまで考慮されていなかった不完全融合反応の重要性が指摘されており、その反応機構の理解が必要とされている。弱束縛系の原子核である重陽子は反応の途中で容易に分解と結合を繰り返すため、反応解析を行う際にはこの自由度を適切に取り扱うことが重要となる。われわれは、この効果を非摂動論的に取り扱うことができる離散化チャネル結合法(Continuum-Discretized Coupled-Channels method: CDCC)を拡張することにより、不完全融合反応を定量的に理解することを目指している。本講演では、$$d$$-$$^7$$Liの系について計算した不完全融合反応の断面積を報告し、不完全融合過程の重要性について議論する。

Deuteron induced reactions on Li targets are candidate reactions for the neutron source in the International Fusion Materials Irradiation Facility (IFMIF) program. However, the theoretical model calculation of the $$(d,n)$$ reaction cross sections underestimates the experimental data. The incomplete fusion process, in which a part of a projectile is absorbed by a target, may contribute significantly in the reaction, and the understanding of the reaction mechanism is required. Since a weakly bound nucleus, such as deuteron, breaks up easily in the reaction, the model taking into account the breakup process is required for the analysis. We extended the Continuum-Discretized Coupled-Channels (CDCC) method, and applied to the analysis of incomplete fusion reaction. In the present paper, we show results of incomplete fusion cross section in the deuteron induced reaction on $$^7$$Li target, and discuss the importance of the process.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.