検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Fluence-to-dose conversion coefficients for aircrew dosimetry based on the new ICRP recommendations

航空機乗務員被ばく線量評価のための国際放射線防護委員会(ICRP)新勧告に基づく線量換算係数の計算

佐藤 達彦; 遠藤 章; Zankl, M.*; Petoussi-Henss, N.*; 保田 浩志*; 仁井田 浩二*

Sato, Tatsuhiko; Endo, Akira; Zankl, M.*; Petoussi-Henss, N.*; Yasuda, Hiroshi*; Niita, Koji*

航空機乗務員の被ばく線量を精度よく評価するためには、その被ばく状況に合わせた照射体系に対するフルエンスから実効線量への換算係数が必要となる。そこで、われわれは、航空機高度の被ばく状況を模擬した2種類の照射体系(上半球からの等方照射、及び放射線輸送計算コードPHITSを用いて計算した航空機高度における放射線場)に対する中性子及び陽子フルエンスから実効線量への換算係数を計算した。その計算は、国際放射線防護委員会(ICRP)の新基本勧告に基づき、PHITSとICRP/ICRU標準人体模型を組合せて実施した。発表では、その計算方法及び結果について詳しく説明するとともに、照射体系の違いによる航空機乗務員の被ばく線量の差について検討した結果を紹介する。

We calculated the dose conversion coefficients for the 2 irradiation geometries; one is for the semi-isotropic irradiation from the upper hemisphere, and the other is for exactly representing the geometrical condition of aircrew exposure, whose angular distribution was estimated from the atmospheric propagation simulation of cosmic-rays performed by PHITS.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.