検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

離散化チャネル結合法を用いた不完全融合反応断面積の新しい計算手法

New approach for evaluating incomplete and complete fusion cross sections with continuum-discretized coupled-channels method

橋本 慎太郎; 緒方 一介*; 千葉 敏; 八尋 正信*

Hashimoto, Shintaro; Ogata, Kazuyuki*; Chiba, Satoshi; Yahiro, Masanobu*

重陽子($$d$$)などの弱束縛系の原子核は反応の途中で容易に分解するため、$$d$$全体が標的核に吸収される完全融合反応のほか、その分解片である陽子($$p$$)、あるいは中性子($$n$$)のみが吸収される不完全融合反応がおこる。これらの融合過程の反応機構を理解することは、弱束縛系の中性子過剰核を研究するうえで重要な役割を果たす。われわれは、粒子が分解する効果を離散化チャネル結合法(CDCC)を用いて適切に考慮し、さらに完全融合反応と不完全融合反応の断面積を個別に評価する方法を提案した。本講演では、国際核融合材料照射施設(IFMIF)計画などで重要な中性子源として注目されている包括的$$(d,n)$$反応にわれわれが提案する新しい手法を適用した結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.