検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

MLF計算環境ソフトウェアフレームワークの現状と今後の計画

Current status and future plan of the software framework in MLF computing environment

中谷 健 ; 稲村 泰弘; 伊藤 崇芳; 梶本 亮一  ; Harjo, S.  ; 新井 正敏; 大原 高志  ; 中川 洋  ; 青柳 哲雄; 大友 季哉*; 鈴木 次郎*; 森嶋 隆裕*; 鳥居 周輝*; 武藤 豪*; 安 芳次*; 門野 良典*; 米村 雅雄*; 細谷 孝明*

Nakatani, Takeshi; Inamura, Yasuhiro; Ito, Takayoshi; Kajimoto, Ryoichi; Harjo, S.; Arai, Masatoshi; Ohara, Takashi; Nakagawa, Hiroshi; Aoyagi, Tetsuo; Otomo, Toshiya*; Suzuki, Jiro*; Morishima, Takahiro*; Torii, Shuki*; Muto, Suguru*; Yasu, Yoshiji*; Kadono, Ryosuke*; Yonemura, Masao*; Hosoya, Takaaki*

平成18年度から20年度にかけてJ-PARC/MLF設置の中性子/ミュオン実験装置の基盤ソフトウェアとなるMLF計算環境ソフトウェアフレームワークを開発した。本ソフトウェアフレームワークは現在4次元空間中性子探査装置(BL01)、茨城県生命物質構造解析装置(BL03)、冷中性子ディスクチョッパー型分光器(BL14)、工学材料回折装置(BL19)、高強度汎用全散乱装置(BL21)の5台の実験装置で使用されている。現状のソフトウェアフレームワークには、実験制御、データ解析・可視化、認証の各機能が実装されている。また、今年度から新たにデータベース機能をソフトウェアフレームワークへ実装するための開発が開始する予定である。本発表では、MLF計算環境ソフトウェアフレームワークに現在実装されている各機能と2009年度から実装される機能についての詳細を述べる。

We have developed the software framework in MLF computing environment from 2006 to 2008. The software framework is the fundamental software for neutron and muon experimental instruments in J-PARC/MLF. Currently, the software framework is installed at 4D Space Access Neutron Spectrometer (BL01), IBARAKI Biological Crystal Diffractometer (BL03), Cold-Neutron Disk-Chopper Spectrometer (BL14), Engineering Materials Diffractometer (BL19) and High Intensity Total Diffractometer (BL21). The features of experimental control, analysis, visualization and authorization are already implemented in the software framework. In this year, we will start the development to introduce the feature of database. We will present the current status and future plan of the software framework.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.