検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Impact of the introduction of ICRP publication 103 on neutron dosimetry

ICRP新勧告の導入が高エネルギー放射線防護に与える影響

佐藤 達彦; 遠藤 章; 保田 浩志*; 仁井田 浩二*

Sato, Tatsuhiko; Endo, Akira; Yasuda, Hiroshi*; Niita, Koji*

国際放射線防護委員会ICRPは、その2007年勧告で、最新の科学的知見に基づき実効線量の定義を変更した。これに伴い、フルエンスから実効線量への換算係数の改訂が必要となった。そこで、われわれは、新勧告に基づき、放射線輸送計算コードPHITSを用いて、中性子・陽子に対する実効線量換算係数を計算した。そして、新旧の実効線量換算係数を用いて、高エネルギー加速器の作業員や航空機乗務員の実効線量を計算し、新勧告の導入が高エネルギー放射線防護に与える影響について検討した。その結果、新勧告に基づく加速器作業員や航空機乗務員に対する実効線量は、旧勧告に基づく値と比較して小さくなることがわかった。これは、おもに、放射線荷重係数の改訂に起因すると考えられる。

A set of the conversion coefficients from fluence to the effective dose has been calculated for neutrons and protons over wide energy ranges based on the instruction given in ICRP 103, using the PHITS code. The calculated values are generally smaller than those based on ICRP Publication 60, predominantly owing to the revision of $$w$$$$_{R}$$ for those particles. The impact of the introduction of ICRP 103 on the dosimetry for high-energy particles will be discussed by comparing between the ICRP 103- and ICRP 60-based effective doses for aircrews as well as workers in high-energy accelerator facilities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87.59

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.