検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

JENDL-4.0; A New library for innovative nuclear energy systems

JENDL-4.0; 革新的原子力システムのための最新ライブラリー

柴田 恵一; 岩本 修; 中川 庸雄; 岩本 信之; 市原 晃; 国枝 賢; 千葉 敏; 片倉 純一; 大塚 直彦*

Shibata, Keiichi; Iwamoto, Osamu; Nakagawa, Tsuneo; Iwamoto, Nobuyuki; Ichihara, Akira; Kunieda, Satoshi; Chiba, Satoshi; Katakura, Junichi; Otsuka, Naohiko*

革新的原子力システムのための基礎データとすべく、最新ライブラリーJENDL-4の整備が2005年にスタートした。JENDL-4の開発では、FP及びMA核データの信頼度向上に重点を置いた。これらの核種では、実験データが乏しいため、断面積評価用の核反応モデルコードPOD及びCCONEを開発した。広い質量範囲をカバーする信頼性の高い光学模型パラメータをチャネル結合法により導出し、断面積の理論計算に使用した。アクチノイド核種の熱中性子断面積は実験値を慎重に検討して決定した。$$^{235}$$Uの共鳴領域断面積を再検討して、U燃料高速炉心の臨界性及びナトリウムボイド反応度の予測精度を向上させた。U及びPu同位体の核分裂断面積は10keV以上のエネルギーで同時評価により求めた。FPに関しては、100以上の核種の分離共鳴パラメータを更新した。共鳴領域より高いエネルギーでのFP断面積は、POD及びCCONEコードによる理論計算で評価した。また、核分裂収率はENDF/B-VII.0をベースに3体核分裂を考慮して計算した。406核種のデータを収納した最新ライブラリーJENDL-4.0は2010年に公開される。

In JENDL-4, much emphasis is placed on the improvements of FP and MA data. For achieving this, new nuclear model codes POD and CCONE were developed, since experimental data are very scarce for those nuclei. The global coupled-channel optical model parameters, which were obtained in the wide mass region, were used for the evaluation of cross sections. Thermal cross sections of actinides were determined by carefully examining available experimental data. Special care was taken for the resonance region of $$^{235}$$U in order to reproduce measured criticalities and Na-void reactivities for U fueled fast-neutron cores. As for FP, resolved resonance parameters were updated for more than 100 nuclei. The cross sections of above the resonance region were evaluated by using the POD and CCONE codes. Fission product yield data were obtained from the ENDF/B-VII.0 data with some modifications. The new library, which contains neutron data for 406 nuclei, will be made available in 2010.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:47.3

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.