検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

次世代燃料サイクルのための高レベル廃液調整技術開発,5; モリブデン-白金族合金の相状態と物性

Development of high-level liquid waste conditioning technology for advanced nuclear fuel cycle, 5; Characterization of Mo-Ru-Rh-Pd alloys

黒崎 健*; 大石 佑治*; 牟田 浩明*; 山中 伸介*; 森田 泰治

Kurosaki, Ken*; Oishi, Yuji*; Muta, Hiroaki*; Yamanaka, Shinsuke*; Morita, Yasuji

次世代核燃料サイクルの再処理におけるガラス固化の負担を軽減する高レベル廃液調整技術を開発することを目的として、不溶解残渣固化のため、モリブデンと白金族元素から構成される不溶解残渣合金成分の相状態と物性を模擬試料により評価した。Mo:Ru:Rh:Pd=30:50:10:10の比率で合金(模擬試料)を調整し、粉末XRD分析により六方晶の$$varepsilon$$相であることを確認した。この試料を空気中にて600$$^{circ}$$Cでカ焼したところMoO$$_{2}$$の生成が認められた。

Characterization and calcination behavior of Mo-Ru-Rh-Pd alloys was studied for the purpose of the development of solidification method for dissolution residue which appears in the dissolution of spent fuel.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.