検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

RCSキッカー電磁石電源システムのサイラトロンオペレーションの現状

Current status of the kicker thyratron operation in J-PARC 3GeV RCS

富樫 智人; 渡辺 真朗; 菅沼 和明; 高柳 智弘; 植野 智晶; 谷 教夫; 渡辺 泰広

Togashi, Tomohito; Watanabe, Masao; Suganuma, Kazuaki; Takayanagi, Tomohiro; Ueno, Tomoaki; Tani, Norio; Watanabe, Yasuhiro

大強度陽子加速器施設(J-PARC)の3-GeV RCS(Rapid Cycling Synchrotron)では、3GeVに加速した大強度陽子ビームの取り出しに、サイラトロンスイッチを採用したパルスキッカー電磁石電源システムを利用している。連続運転を開始した当初は、サイラトロンの不安定な動作に起因して停止する事象が最も多く、J-PARC加速器全体の故障率のうち、キッカー電磁石電源システムの故障率が最も高く(約13%)、ビーム運用停止の主因となっていた。この状況を改善するため、サイラトロンの運転状況について詳細管理を徹底して行った。その結果、サイラトロンの最適なオペレーション方法の構築と、故障の予防と保全に基づいた適切なサイラトロン交換時期の見極めが可能となり、2010年4月(Run33)の運転では故障率を0.5%以下にまで改善することができた。本稿では、キッカー電磁石電源システムを安定に稼働するためのサイラトロンオペレーションの現状について報告する。

The 3-GeV RCS (Rapid Cycling Synchrotron) at J-PARC (Japan Proton Accelerator Research Complex) has the pulse kicker power supply system which uses the thyratron switches for beam extraction. There were many troubles caused by unstable operation of thyratrons after beam commissioning started in January 2009. The, failure rate of the kicker power supply system was about 13%. To improve this status, we have been managed the operations of the thyratron in detail. As a result, the unstable operation has been improved and the failure rate has been achievement less than 0.5% (Run33) in April, 2010. In this paper, we report current status of the thyratron operation of the kicker power supply system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.