検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「地質環境の長期安定性に関する研究」第1期中期計画期間(平成17年度$$sim$$平成21年度)報告書(H22レポート)

Research on geosphere stability for long-term isolation of radioactive waste (Progress report for fiscal years 2005 - 2009: H22 report)

草野 友宏; 浅森 浩一; 黒澤 英樹; 國分 陽子; 谷川 晋一; 根木 健之; 花室 孝広; 安江 健一; 山崎 誠子; 山田 国見; 石丸 恒存; 梅田 浩司

Kusano, Tomohiro; Asamori, Koichi; Kurosawa, Hideki; Kokubu, Yoko; Tanikawa, Shinichi; Negi, Tateyuki; Hanamuro, Takahiro; Yasue, Kenichi; Yamasaki, Seiko; Yamada, Kunimi; Ishimaru, Tsuneari; Umeda, Koji

本報は、深地層の科学的研究のうち、「地質環境の長期安定性に関する研究」について、第1期中期計画期間の5か年(2005年度$$sim$$2009年度)に実施した研究開発にかかわる成果を取りまとめたものである。第1期中期計画では、最終処分事業の概要調査や安全審査基本指針などの検討・策定に研究成果を反映できるよう、(1)概要調査などに必要となる、自然現象に関する過去の記録や現在の状況を調査するための体系的な技術の整備(調査技術の開発・体系化)、(2)変動シナリオを考慮した安全評価の基盤となる、将来の自然現象に伴う地質環境の変化を予測・評価するための手法の整備(長期予測・影響評価モデルの開発)のほか、(3)最先端の分析装置などを用いた放射年代測定や鍵層の高分解能同定法などによる編年技術の高度化(年代測定技術の開発)を進めてきた。本報では、それぞれの研究分野にかかわる科学的・技術的背景を解説するとともに、設定した研究課題に対してこれまでに実施してきた内容,主な研究成果及び今後の課題などについて述べる。

This progress report (H22 report) documents progress made during JAEA 1st Midterm Plan (FY 2005 - 2009) to provide the scientific base for assessing geosphere stability for long-term isolation of the high-level radioactive waste. For the current 5-year R&D programme, three major goals have been defined as follows: (1) development and synthesis of investigation techniques for selecting suitable sites in geosphere stability, (2) development, application, and evaluation of prediction models for evaluating the changes of geological environment in thermal, hydraulic, mechanical and geochemical conditions for a long period of time, and (3) development of new dating techniques for providing information about geologic history and the timing of geologic events. In this paper, the current status of R&D activities with previous scientific and technological progress is summarized.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.