検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力緊急時対応のためのWSPEEDI-IIシステムユーザーズマニュアル

WSPEEDI-II system user's manual for a nuclear or radiological emergency

中西 千佳; 佐藤 宗平; 古野 朗子; 寺田 宏明; 永井 晴康; 武藤 重男

Nakanishi, Chika; Sato, Sohei; Furuno, Akiko; Terada, Hiroaki; Nagai, Haruyasu; Muto, Shigeo

原子力緊急時支援・研修センターでは、国外で発生した原子力事故や核実験等による我が国への影響評価にかかわる協力要請及び、国際原子力機関(IAEA)の緊急時対応援助ネットワーク(RANET)にかかわる支援分野の1つである「大気拡散モデルによる放射能分布予測」等への対応体制を構築してきた。今後、緊急時における外部からの支援要請に確実に対応していくため、原子力緊急時支援・研修センターでは、原子力基礎工学研究部門で開発された緊急時環境線量情報予測システム(世界版)WSPEEDI第2版(WSPEEDI-II)による計算システムを導入し、実運用にむけた環境整備をしていくこととしている。本マニュアルは、システムを運用していくに際して必要な基礎的知識である、システムの概要,大気拡散予測実行に際して設定すべき種々のパラメータ等を整理したものである。

Nuclear Emergency Assistance and Training Center (NEAT) has developed the response system to evaluate the radiological consequences of an accident on a nuclear power plant or nuclear weapons testing around Japan and to support prediction of radioactive material distributions by using an atmospheric dispersion model on the framework of the Response Assistance Network (RANET) which is established by the International Atomic Energy Agency (IAEA). For the enhancement of assistance capability to external organizations at a nuclear or radiological emergency, NEAT will introduce a computer-based emergency response system, "Worldwide version of System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information: WSPEEDI 2nd version (WSPEEDI-II)" developed by Division of Environmental and Radiation Sciences. This manual covers the overview of the system and configuration parameters as the basic knowledge needed for operating the systems.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.