検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC/MLF計算環境ソフトウェアフレームワークIROHAの現状

Present status of the software framework "IROHA" in J-PARC/MLF computing environment

中谷 健 ; 稲村 泰弘; 伊藤 崇芳; 大原 高志  ; 川北 至信 ; 大友 季哉*; 鈴木 次郎*; 武藤 豪*; 小嶋 健児*; Clarke, M.*

Nakatani, Takeshi; Inamura, Yasuhiro; Ito, Takayoshi; Ohara, Takashi; Kawakita, Yukinobu; Otomo, Toshiya*; Suzuki, Jiro*; Muto, Suguru*; Kojima, Kenji*; Clarke, M.*

J-PARC/MLF計算環境標準のソフトウェアフレームワーク"IROHA"は今年度、(1)実験メタデータのデータベース管理、(2)自動実験ソフトウェア"Experiment Scheduler"、(3)TRIGNETの導入によるデジタル/アナログ信号の汎用イベントデータ収集、の3項目を整備中である。(1)は、MLFで実現しつつある多次元データ解析に必要なデータベースの整備であり、これにより複数の実時間測定データを組合せたさまざまな切り口の実験が可能になる。(2)は、ISISの研究者と共同で開発を行い、IROHA上で動作することにより、機器制御,データ集積,データ解析を同時並行的に一つのユーザーインターフェースから実行可能にするソフトウェアを目指して開発を行っている。(3)については外場変化をTRIGNETでイベントデータ化する。このイベントデータに付与される時刻は中性子及びTOFトリガと同期を取ることが可能である。また、TRIGNETはMLF標準データ収集ソフトウェアであるDAQミドルウェアで制御可能であるので、ただちにデータ集積システムに組み込むことが可能である。発表ではこれらの項目の現状と、平成23年度整備を予定しているリモートデータ解析環境について述べる。

In this year, we are developing the following three items in the software framework "IROHA" which is the standard software for J-PARC/MLF computing environment. First, the experimental metadata are managed by the MLF database, which is available for the multi-dimensional data analysis environment. Second, the automatic experimental software is called "Experiment Scheduler", which is collaborated with ISIS. And third, the digital and analog signals are acquired as general event with "TRIGNET" which is the event recording system for the variation of the external fields. We present the detail of these items and the remote data analysis environment which we will introduce next year.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.