検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Resonant inelastic X-ray scattering at Ba-L$$_{3}$$ edge in BaTiO$$_{3}$$

BaTiO$$_{3}$$のBa-L X線非弾性共鳴散乱

吉井 賢資; Jarrige, I.; 松村 大樹; 西畑 保雄; 鈴木 知史; 伊藤 嘉昭*; 向山 毅*; 栃尾 達紀*; 篠塚 寛志*; 福島 整*

Yoshii, Kenji; Jarrige, I.; Matsumura, Daiju; Nishihata, Yasuo; Suzuki, Chikashi; Ito, Yoshiaki*; Mukoyama, Takeshi*; Tochio, Tatsunori*; Shinotsuka, Hiroshi*; Fukushima, Sei*

強誘電体BaTiO$$_{3}$$のBa-L$$_{3}$$吸収端における共鳴非弾性X線散乱測定をSPring-8ビームラインBL15XUで行った。まず、非弾性散乱X線の一つBa-L$$alpha$$$$_{1}$$線に分光器のエネルギーを合わせ、誘電性を示さないBaSO$$_{4}$$を対照物質としてBa-5d吸収スペクトルを測定したところ、BaTiO$$_{3}$$のスペクトルは幅が太いことがわかった。分子軌道計算を行ったところ、Ba-5d軌道とO-3p軌道が共有結合的な性質を有し、エネルギーバンドを作っていることがわかった。BaTiO$$_{3}$$の強誘電性はTi-Oの共有結合性による原子変位がその起源とされているが、この実験事実はBa-Oの共有結合も重要であることを示唆する。また、Ba-L$$alpha$$$$_{1}$$非弾性X線スペクトルを吸収端近傍で測定したところ、Ba-5d軌道は上述の通り酸素とバンドを作っているものの、局在的であることを示すデータが得られた。この測定により、非占有状態の局在性の指標に関する情報が得られること、また、考えられる幾つかの応用についても議論する。

Resonant X-ray inelastic scattering experiments have been performed at the Ba-L$$_{3}$$ edge in ferroelectric BaTiO$$_{3}$$ using synchrotron radiation at the BL15XU of SPring-8. An X-ray absorption spectrum of this material was found to be broader than non-ferroelectric BaSO$$_{4}$$. Molecular orbital calculations showed the formation of Ba-O bands in BaTiO$$_{3}$$, suggesting an important role of the Ba-O hybridization in the ferroelectric transition of this material. X-ray emission spectra at the edge showed a localized character of Ba-5d orbitals in BaTiO$$_{3}$$ in spite of the hybridization with O-3p. A few possible applications of the measurement will be also discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:87.05

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.